Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古畑任三郎ファイナル 第1夜[今、蘇る死」を観た。。

古畑任三郎ファイナル

なるほどね~。
蘇る死。
先代の殺人が明らかになると。

石坂浩二がおそらくは先代を殺したんだろうな~。
それが藤原竜也と如何リンクしてくるのかな~。
と観ていて、もしかしーて、石坂浩二が藤原竜也を殺すのか~?
とか思ったら、結果として(間接的にとはいえ)その通りになっちゃった(苦笑)
しかも、藤原竜也は石坂浩二の操り人形でした~で終わっちゃいまして。
あ~、そーなの、藤原竜也は死に損だったのね~っていう幕引きでしたな。
なんか、モヤモヤっとスッキリしない感じがしなくも無いけど。
偶然性に頼った所とかね。
ま~、それは推理物には付き物ですから、突っ込んじゃいけない、イケナイ。

そーいえば、今泉は久々登場だったんじゃない?
あの古畑との掛け合いが見れてなんだかほのぼのしてしまった。
アリキリ石井だけじゃ~、やっぱ物足りないよ。
(てかアリキリ石井って離婚したの?)
それと藤原竜也の演技。
やっぱり、上手いね~。
笑い声とステキな微笑だけでエキセントリックな現代青年を表現できちゃうんだから。
カレはさすが、アクターだね。
ジャズテイストな音楽もさすがだし。
古畑登場シーンで曲の感じが変わるところが好きだな。




‐‐‐‐追記‐‐‐
モヤモヤッとした点について。
藤原竜也が小学生のときの自由研究の通りに殺人を行うと言うのに、ちょいと無理があるような気が。
精神的に幼いということをお菓子をボリボリ、ラジコンカーが大好き、頭でっかちな経営プランなんかで表現しているけども、復興計画の内容としてはまぁ、まともな内容で普通の大人の経営感覚は有していると取れるわけで。
それなのに、小学生のときの思考をそのままなぞると言うのは、いくら引っ込み思案で誰かが引っ張ってあげないと無理な子だからと言う設定でも、ちょっと苦しいよな~。
藤原竜也がそのオリジナルに手を加えて、石坂浩二の意図する所とは違う展開にもって行き、それでも、石坂浩二のさりげなーい機転によってカレの殺人計画が遂行された~とか?
あぁ、でも、それじゃ~、完全な殺人計画と言うテーマがつぶれるか…。
ん~、難しいね~。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

管理者。

 

えせらん

Author:えせらん
性別女。
ヒキコモリー一歩手前。

~方針~
TB、リンクはフリー。
記事内容に関係ないTBは削除。
TBされた方には基本的にTBを返す方向。
「その記事、読みましたよ」TBって事。


 

お勧めです。

CalendArchive

 

 

分類。

近頃の記事+全記事数。

近頃のトラバ。

 

 

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

ブログ検索

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。